メタボの改善をスピーディーに

メタボの改善をスピーディーに

メタボを改善させるということは、具体的にいえば、内蔵脂肪によるウェスト周囲径の減少、血圧、血糖値、コレステロール値を適正値内にし、メタボの基準にあてはまらないようにすること。既にメタボと診断された方は改善ためのそれぞれの目標数値なども一応はご存知かと思います。

では、実際その改善をどうやって実践していけばいいかということになると、このサイトでご紹介している、食事・運動による改善方法などを基本にしていく事が重要なのですが、それらを補完し、相乗効果でさらにポジティブにスピーディーにという方法をご紹介しましょう。

 特定保健用食品 機能性表示食品などでの「内蔵脂肪対策」

drink02_1

体脂肪を消費しやすくする。脂肪の吸収を抑える。体脂肪を分解する。などの茶カテキン、脂肪分解酵素による効果があり、それらの保健機能を表示することができる飲料、食品などを日常的に摂取してみる。薬品とは異なり、その効果は遅効的だと言えますが、内蔵脂肪が増大したことが食事の影響によるものであれば、日常生活の中での改善策の一つとして実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

内蔵脂肪を増やさない。 →食事の脂肪吸収をしにくくする。

内蔵脂肪を減らす。   →体についた脂肪を、分解・燃焼しやすくする。

通常、水分を補給するために水だでけでなく、ほとんどの方がお茶やソフトドリンクといった飲料を利用されていると思いますが、それを日常的に特定の保健効果が認められた飲料(「体脂肪を消費する」「脂肪の吸収を抑える」)などに替えることで、内蔵脂肪の減少に対しても好影響を期待するというものです。

  • drink01_1「特定保健用食品」(トクホ)も「機能性表示食品」も、どちらも栄養成分の含有表示が可能な食品です。
    トクホは国がその商品個別に保健用途の有効性や安全性を審査し許可したもので、「脂肪の吸収を抑える」など、特定の保健の目的が期待できます。
    機能性表示食品も特定の保健目的である機能性を表示していますが、個別に審査・許可されたものではありません。安全性および機能性の科学的根拠に基づき事業者の責任で「機能性」を表示されたものです
  • 上記の他、既に科学的根拠が確認されており、国が定めた一定の規格基準に適合し、機能性を表示することができる「栄養機能食品」もあります。

 

ダイエット中の水分補給
脂肪減少に効果があるトクホの飲料は魅力的ではありますが、1日の水分の補給を全てこれらに替えるのは大変です。ダイエット中は食事制限による水分摂取量が減り、さらに、運動での水分放出量も増えますので水分補給を十分行う必要があります。
せっかくトクホのお茶を飲んでいても、一日に必要な水分補給をジュースや通常のお茶またはコーヒーなどにするとカフェインやポリフェノールの過剰摂取にもなりかねませんし、「体の冷やす」などの作用もあるので飲み過ぎには注意が必要となってしまいます。ですから、トクホの飲料以外による水分を補給は、吸収率や不純物の排出などの点からできるだけ余計なものが含まれない「純粋な水」をお薦めしています。

医師監修のメディカルエステ

さらにスピーディーに、そして確実にという点でお薦めなのは、もちろん当サイトでご紹介している。医師が監修する「メディカルエステ」

施術方法はいくつか種類が有りますが、内蔵脂肪を軽減する方法として非常に効果的といえます。

IMG_2891「キャビテーション」と呼ばれている施術は特殊超音波を使い、それが脂肪細胞内で弾けて脂肪細胞を破壊する作用がある最先端のダイエットマシンを使用しています。もちろん強く揉みほぐしたりしないので、痛みもなくほとんど寝ている間に施術を受けることができます。温め機能で脂肪を柔らかくし、超音波の浸透を高め、脂肪分解を促すことができ、部分痩せに最適で、皮膚の引き締め効果もあります。

所要時間は1回が50分程度で、週1〜2回の施術で約1ヶ月程度でも効果が現れてきますので、仕事で忙しいという方でもトライできると思います。

メディアカルエステついて詳しいことは →こちらへ

日常的な食事、運動、トクホ、そしてメディカルエステで、メタボ改善を実践できるのですから、ぜひ挑戦してみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加