メタボリックシンドロームとは

最近、お腹の周りが太って、ボッコリしてきた。ズボンがきつい

メタボリックシンドロームは内臓脂肪症候群のことをいいます。

メタボ診断の女医

少し太り気味だと「メタボ」とかよく、いわれますが、それは正確には「メタボリックシンドローム」=内蔵脂肪症候群といいます。

高血圧症、心臓疾患や糖尿病などの生活習慣病といわれる疾患は、それぞれの病気が別々に進行するのではなく、おなかのまわりの内臓に脂肪が蓄積した内臓脂肪型肥満が大きく関わっているものであることがわかってきました。

内臓脂肪と皮下脂肪の断面図満には大きく分け2種のタイプがあり、「皮下脂肪型肥満」「内蔵脂肪型肥満」があります。「皮下脂肪型肥満」は俗にいう、洋梨型肥満といわれ、下半身の下腹部、臀部、大腿部に脂肪がたまる肥満です。
「内蔵脂肪型肥満」は内蔵の周りに脂肪がたまる肥満で、腹部が太る、「リンゴ型肥満」や「上半身肥満」といわれています。ただ「内蔵型肥満」は内蔵の周りに脂肪がたまることから外見の体型上は肥満には見えない場合も多くあります。内臓脂肪の細胞からは、糖尿病、高脂血症、高血圧や動脈硬化の危険因子となる生理活性物質(アディポサイトカイン)が分泌され、内蔵脂肪型肥満は生活習慣秒病を引き起こす問題の多い肥満とされています。

内臓の周囲にたまる脂肪は、食事や運動不足などが原因で溜まりやすいといわれています。ただ、幸いな事に内臓脂肪の細胞は皮下脂肪の細胞に比較すると代謝活性が高いことから、食事の量、摂取カロリーの改善や運動を積極的に行うことで、比較的簡単に減らすことができます。

この内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を「メタボリックシンドローム」といいます。

内臓脂肪が過剰にたまっていると、糖尿病や高血圧症、高脂血症といった生活習慣病を併発しやすく、「血糖値がちょっと高め」「血圧がちょっと高め」といった、まだ病気とは診断されない健康状態の成人病予備群でも、併発することで、動脈硬化など重大な危険性が急速に進行します。ちょっと太ってきてしまったなと感じたら、油断は大敵です。肥満の中でも特に内蔵脂肪型肥満となると要注意な部類となるので、しっかり自分の体の状態(体重・血圧など)を把握して、生活習慣の健全化を図る事でメタボリックシンドロームの予防、改善につなげていきましょう。

厚生労働省の平成24年の調査によると、女性は5人に一人の割合が肥満で減少傾向だが、男性は約30%が肥満で、横ばい傾向が続いています。


  • 太った メタボと病気 - メタボリックシンドロームがきっかけとなって引き起こされる危険性のある生活習慣病には、
  • IMG_3234 日常のチェックはBMI値で - 肥満かどうかがわかる「BMI値」という計算式があります。[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます
  • Stethoscope on cardiogram concept for heart care メタボと動脈硬化の関係 - 内蔵脂肪がたまると脂肪細胞から分泌される生理活性物質よって「動脈硬化「が進行しやすくなります。
  • 太り気味 レッドカード メタボの診断法 - ウエスト(おへその高さの腹囲、へその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに当てはまる

■生活習慣でメタボを克服!
シーズ・ラボでは生活習慣のアドバイスと超音波によるダイエットマシンで脂肪破壊。さらに、電気刺激による筋力UPで気になるお腹の集中ケアを行います

このエントリーをはてなブックマークに追加