メタボの診断法

意外と知られていないメタボリックシンドロームの診断基準
体重は標準より6,7kオーバーでも、ウエストは87cmくらいるあるけで!^^;
ちょっと運動はあまりしてないし、食事の量もも少し多かもしれない。
ウエストサイズ意外にも血圧や血糖値のチェックが大切です。

太り気味 レッドカードメタボリックシンドロームは外見からだけではわかりにくい内蔵脂肪型肥満に加え、高血圧、高血糖、脂質代謝異常が加わったもので基準が示されています。ただ、ウエストサイズに内蔵肥満の兆候は現れてくることが多いので、この数値がメタボリックシンドロームの基準になっています。お腹が膨らんできて、ズボンが少しきつくなってきたというのはメタボリックシンドロームにつながシグナルともいえるので常に注意をしてチェックしておく必要があるでしょう

それでは具体的にメタボリックシンドロームに適用される数値はどの程度になっているのでしょうか?

日本ではメタボリックシンドロームの診断基準は、内臓脂肪の蓄積が必須条件でウエスト(おへその高さの腹囲、へその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに当てはまるとメタボリックシンドロームと診断されます。男性の場合はウエストサイズだけはかなりの比率で該当する人がいるようです。(ウエストサイズを図る位置はおへその位置で、ゆっくり息を吐いた状態でリラックスした時のサイズを図ります。)

それでは高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つの基準値はどの程度で該当するのでしょうか?高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つの数値でメタボリックシンドロームとされる数値は以下のものとなります。

血圧は収縮期(最大)血圧が130mmHg以上、拡張期(最小)が85mmHg位上血糖値は空腹時の高血糖が110mg/dL以上

脂質代謝異常、いわゆる悪玉コレストール=LDLコレステロールの最大値が150mg/dl以上、善玉と言われるHDLコレストロールが40mg/dl以下

この3つの基準のうち2つの項目が基準値を超えていて、さらにウェストの周囲が基準値をこれているとメタボリックシンドロームと診断されます。

必須項目 ウエスト周囲径(内蔵脂肪蓄) 男性85cm以上
女性90cm以上
選択項目
3項目のうち
2項目以上
血圧 収縮期血圧 130mmHg以上
85mmHg以上
血糖値 空腹時高血糖 110mg/dL以上
脂質代謝以上 LDLコレステロール
HDLコレステロール
150mg/dL以上
40mg/dL以下

以上の数値は日本内科学会などの8団体の合同基準とされています。

血圧測定なお、血圧の数値や血糖値の数値はそれぞれ、血圧であれば「高血圧症」、血糖値であれば「糖尿病」の基準値より少し低めの数値となっています。これらの生活習慣病といわれる疾患の予備軍といわれるような人が含まれるようになています。メタボリックシンドロームの先にはこれらの病気が潜んでいる恐れがあることを示しているからです。

太ってきたなと思い始めたら、きっと食生活や運動など日頃の生活で思い当たる節があるかもしれません。「メタボリックシンドローム」の原因となる生活習慣をしていたら・・・・ただの「ぽっちゃり」「太りぎみ」では済まされないことを十分に認識しなけらばなりません。

メタボ健診

メタボリックシンドロームが生活習慣病の引き金になることがなることが多いことから、2008年4月から「特定健診・特定保健指導」が始まりました。40歳以上75歳未満の被保険者および被扶養者を対象として、メタボリックシンドロームの予防・解消に重点をおいた、生活習慣病予防のための健診・保健指導が実施されています。

健康診断医師特定健診・特定保健指導の特徴は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に照準をしぼった点にあり、ウエスト周囲径の測定を検査項目に加えました。メタボリックシンドロームのリスクを発見することを最大の目的としているので、この健診は俗に「メタボ健診」と呼ばれています。

この健診によって、メタボリックシンドロームの基本的な基準値はすべて把握することができます。

また、健診による測定結果から、特定保険指導を行うことにより、メタボリックシンドロームの要因となっている生活習慣を改善するための保健指導も行われています。
 


◆その他メタボの関連記事

  • 太った メタボと病気 - メタボリックシンドロームがきっかけとなって引き起こされる危険性のある生活習慣病には、
  • IMG_3234 日常のチェックはBMI値で - 肥満かどうかがわかる「BMI値」という計算式があります。[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます
  • Stethoscope on cardiogram concept for heart care メタボと動脈硬化の関係 - 内蔵脂肪がたまると脂肪細胞から分泌される生理活性物質よって「動脈硬化「が進行しやすくなります。
  • メタボ診断の女医 メタボリックシンドロームとは - 内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を「メタボリックシンドローム」

■生活習慣でメタボを克服!
シーズ・ラボでは生活習慣のアドバイスと超音波によるダイエットマシンで脂肪破壊。さらに、電気刺激による筋力UPで気になるお腹の集中ケアを行います

このエントリーをはてなブックマークに追加