メタボの予防・改善

メタボはどうやって防げばいいの?

内蔵脂肪を増やさないようにするには、まずは食事の量(摂取カロリー)と運動量(消費カロリーや栄養素)のバランスを保ち、摂取エネルギーの超過にならないように日常生活で気をつけることで可能となります。

運動による予防

  • 日頃から階段を使うなど積極的に体を動かす。
  • 継続的な運動を取り入れる。
  • 筋肉を鍛えて基礎代謝を高める。

 運動によるメタボ対策 

食事について

食事はメタボの予防にはたいへん重要な要素です。

食事の量は当然、摂取カロリー過多につながりますが、量だけでなく、回数や食事内容が偏る事により、内蔵脂肪の蓄積に影響を与えてしまいます。

その他、運動と食事以外にも「喫煙」も動脈硬化に大きく影響しますし、日常生活の中での「ストレス」も危険因子の一つとなります。

 食事によるメタボ対策 

規則正い生活と十分な急用睡眠・適度な運動がメタボリックシンドローム予防の重要なポイントです。


◆その他メタボ予防の改善法 関連記事

  • 生ハムのサラダ 食事によるメタボ対策 - 食べ過ぎ、間食、欠食などの乱れた食生活は、内臓脂肪をためる原因になります。バランスのとれた適切な量の食事を心掛ける
  • 軽い運動 ウォーキング 運動によるメタボ対策 - 日常生活の中で積極的に体を動かすことは近くの移動などはできるだけ乗り物は利用しないで歩く、エスカレーターやエレベーターは使わない

■生活習慣でメタボを克服!
シーズ・ラボでは生活習慣のアドバイスと超音波によるダイエットマシンで脂肪破壊。さらに、電気刺激による筋力UPで気になるお腹の集中ケアを行います

このエントリーをはてなブックマークに追加