日常のチェックはBMI値で

自分が肥満かどうか日常的にしっかり管理
肥満かどうかがわかる「BMI値」という計算式があります。

BMIは肥満度を表す数値として世界中で用いられる体格指標です。
[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]

で求められるます。

体重が70kgで身長が170cmの場合は70÷(1.7×1.7)で BMI値は24.23です。

身長から見た標準体重は63.5kgですので6kgのオーバー
この数値ですと。「肥満」ギリギリという数値です。

IMG_3234

肥満度を表す指標として国際的に用いられている体格指数で、[体重(kg)]÷[身長(m)の2乗]で求められます(身長はcmではなくmで計算します)。

計算方法は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なり、WHO(世界保健機構)の基準では30以上を”Obese”(肥満)としています。

日本肥満学会の定めた基準では

  • 18.5以上25未満が「普通体重」、
  • 25以上が「肥満」
  • 肥満はその度合いによってさらに「肥満1」から「肥満4」に分類されます。

BMIが22になるときの体重が標準体重で、最も病気になりにくい状態であるとされています。25を超えると脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病のリスクが2倍以上になり、30を超えると高度な肥満としてより積極的な減量治療を要するものとされています。

なお内臓脂肪の蓄積は必ずしもBMIと相関しないため、メタボリックシンドロームの診断基準には盛りこまれていませんが、メタボリックシンドローム予備軍を拾い上げる意味で特定健診・特定保健指導の基準にはBMIが採用されています。

  • 太った メタボと病気 - メタボリックシンドロームがきっかけとなって引き起こされる危険性のある生活習慣病には、
  • Stethoscope on cardiogram concept for heart care メタボと動脈硬化の関係 - 内蔵脂肪がたまると脂肪細胞から分泌される生理活性物質よって「動脈硬化「が進行しやすくなります。
  • 太り気味 レッドカード メタボの診断法 - ウエスト(おへその高さの腹囲、へその高さの腹囲)が男性85cm女性90cmを超え、高血圧・高血糖・脂質代謝異常の3つのうち2つに当てはまる
  • メタボ診断の女医 メタボリックシンドロームとは - 内臓脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうちいずれか2つ以上をあわせもった状態を「メタボリックシンドローム」

■生活習慣でメタボを克服!
シーズ・ラボでは生活習慣のアドバイスと超音波によるダイエットマシンで脂肪破壊。さらに、電気刺激による筋力UPで気になるお腹の集中ケアを行います

このエントリーをはてなブックマークに追加